ジャスミンの花のような    コーヒーの白い花


by ユイ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここをクリックすると曲が流れます♪

ユイ マイミュージック オリジナル曲なので転載しないでね。

☆*:.。.  リンク .。.:*☆

063.gif丸山珈琲

063.gifUCC上島珈琲

060.gif 烏有-uyuu-(月に憑かれたピエロ)

060.gif音楽のブログ







※ ことづては現在
 機能していません

カテゴリ

全体
プロフィール
カフェラテ
コーヒー
アイスコーヒー
フレーバーコーヒー
アレンジコーヒー
コーヒーとチーズ
コーヒーカップ
スイーツ
日々の出来事
カフェ
その他
未分類

最新の記事

カフェ
at 2018-01-19 09:00
パンとコーヒー
at 2018-01-12 09:00
新年
at 2018-01-05 09:00
愛するわたしの町14
at 2017-12-29 09:00
訳あり・・
at 2017-12-22 09:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

外部リンク

お気に入りブログ

aya's photo
お茶の時間にしましょうか...
すずちゃんのカメラ!かめ...
Strawberry F...
White Board -♭
Photo Of 北海道大陸
marimo cafe
** mana's K...
ekkoの --- fo...
photo NOW 2007
aviの額
nanako*sweet...
HANA*HANA
うひひなまいにち
君に届け
* thank you *
青い星のかたすみで夢をみる
Chikka*ism
Tamayura no ...
la la la kit...
光の贈りもの
Sora*Koto
美は観る者の眼の中にある
BARON MAMA*S
月の雫
YUKA’sレシピ♪
IL EST TROP ...
晴れの日も。。。
かめらと一緒*
EAM photo
S a b l i e r
ユルリ ユルリト。
一歩々 ~いっぽいっぽ~
Aruku
日々の欠片を紡ぐ日々
箱庭の休日
EAM photo Black
HI KA RI
* m i c a m ...
*Any*
今が一番
Makanani
一歩々々 ~いっぽいっぽ~

タグ

(60)
(19)
(12)
(7)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

検索

ブログパーツ

今日の誕生花
誕生花ブログパーツ
Today's Moon phase
  • このブログに掲載されている文章の改編や無断転用を禁じます。

タグ:お酒 ( 2 ) タグの人気記事

カフェ・コレット

お酒入りコーヒー・・ いろんな国でいろんな飲み方があります

カフェ・コレット イタリア発祥のお酒入りコーヒーです ☆*゚ ゜゚ 

f0310446_14554765.jpg


深煎りしたコーヒー豆で淹れたエスプレッソ

そのエスプレッソに 強いお酒を少量入れて ホイップクリームを浮かばせます

温か~いお酒入りコーヒーです


お酒は お好みの蒸留酒(グラッパ サンブーカ ブランデー リキュールなど・・)
なんでも構いません



f0310446_19002156.jpg
普通イタリアでは エスプレッソに グラッパというお酒を入れます

グラッパは イタリア特産の蒸留酒で ブランデーの種類になります

葡萄の搾りかすを発酵させて作るので ブドウの香りが残っています

アルコール度数は30~60度

イタリアでは食後酒としてよく飲まれているようですね


ヨーロッパでグラッパと表示していいものは 
                                  ウィキペディアより
イタリアで製造されたものだけだと決められています

例えば フランスのシャンパンが シャンパーニュ地方で作られたものしか

シャンパンという銘柄は使ってはいけないというようなものなんですね



日本ではまだあまり知られていませんが

イタリア料理店に行くとおいてあるところがあります



エスプレッソは深煎りしたコーヒー豆で淹れる 濃くて苦~いコーヒーですが

小さなカップで 飲む量も 約30mlくらい



わたしが作ったときは 小さめなカップにエスプレッソを半分位入れて

大さじ1杯のブランデーを入れて 生クリームを泡立てて飲んでみました

胸が熱くなって カッカしてきました 

あぁ わたしってやっぱりお酒に弱いんだ・・ 大さじ1杯くらいのブランデーなのにね 



ユイ風 カフェ・コレット の作り方

f0310446_19204768.jpg
① エスプレッソ 小さなカップに半分
  
② グラニュー糖 小さじ1杯

③ 好きなお酒 大さじ1杯

④ ホイップクリーム たっぷり

                              ウィキペディアより
なんだか・・ウインナーコーヒーみたいでしょ (*^-^*)
お酒の入ったウインナーコーヒー・・みたい・・な感じ



海外では コーヒーに色々なお酒を入れて楽しむ風習があります

紅茶にも スピリッツティーがあって 
ウイスキーやブランデーやラム酒など・・
色々な大人の紅茶を楽しむ事ができます



ところで
濃い日本茶や玉露にお酒は入れられるのかしら ?と思いました (。´・ω・)?

なんと !
抹茶香るお酒 と言うものがサントリーから出てるんですね

HPを読むと 抹茶と玉露を スピリッツ(蒸留酒)に漬けこんで
茶葉の旨みを抽出し 仕上げに抹茶の粉末を加えていると書いてあります

抹茶由来の上質なコクを楽しめるそうです

商品名 抹茶香るお酒 500mlで 500円なりぃ~ 度数8% 

とあります 
美味しいかどうかは分かりません・・ 飲んでいないので・・


他にも 玉露焼酎なるものがありました

福徳長の 玉露焼酎 茶露 720ml 1120円くらい 度数 20度



抹茶酎ハイとか 抹茶カクテルとか色々作られていますが
熱いお茶にお酒を入れて楽しむって言うことは 無理なんでしょうか


ただ お茶とお酒の組み合わせは 昔から身体に良い事は知られていました


日本で最初のお茶の本 喫茶養生記には
お茶が二日酔いの毒を和らげる作用が記されています


喫茶養生記は 鎌倉時代1200年位に書かれた お茶の専門書です


茶は養生の仙薬なり・・ という言葉で始まります

臨済宗の僧 栄西によって書かれました



あれっ・・
いつの間にかイタリア発祥のカフェ・コレットから 
昔の茶の専門書まで飛んでしまいました

わたしって いつもこうなんですね・・ヾ(´▽`*)テヘッ



週末になったらぜひ カフェ・コレットお試しください

心も身体もほっこりです *´ー`*



               クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


by worm_light1027 | 2017-12-08 09:00 | アレンジコーヒー | Trackback | Comments(25)

カフェ・ロワイヤル2

コーヒーにブランデー・・

フランス風コーヒー たまにはいかがですか ?

f0310446_16283928.jpg



お酒入りのコーヒーといえば アイリッシュコーヒーも有名ですね

アイリッシュコーヒーは 冬に飲む甘ーいホットドリンクです

f0310446_14493019.jpg

グラスにホットコーヒーを入れて 角砂糖を入れます

次に アイリッシュウィスキーを注いでかき混ぜます 

生クリームを上にのせたら出来上がり


アイリッシュウィスキーを使うから 
アイリッシュコーヒーって言うんですね

スコッチウィスキーを入れたら ゲーリック・コーヒー

コニャックを入れたら ロイヤル・コーヒー

いずれも砂糖と生クリームが入ります




カフェ・ロワイヤル・・ 素敵です

昔 ナポレオンが好んで飲んだと言われています

カップにコーヒーを注いで スプーンに角砂糖をのせてブランデーを注ぎます 

火を点けるとブランデーの甘い香りが広がって 青白い炎が幻想的・・癒されます

火が消えたらコーヒーに入れます





昔は 良く流行ったそうなんです  電気を暗くして作るとロマンチックで・・

最近はこういう楽しみ方をする事が 残念ながら少なくなりましたね


カフェ・ロワイヤルは コーヒーにレモンやオレンジの皮をいれて楽しむ事もできます



f0310446_15523701.jpg
カフェ・ロワイヤルスプーンも売られているんです

角砂糖がのせやすくて 

注いだブランデーもこぼれにくい

スプーンの先が カップの縁にかけられます


ちなみに アマゾンで1本 241円なりぃ~ でも 配送料が 500円・・ ( ノД`)

お休みの前の日の夜なんかに 楽しんでみませんか ♪ 




わたし コーヒーの勉強するまで 
ブランデーが何でできているのかさえも知りませんでした

もちろんウイスキーの原料の事も どうやって作られているかってことも


ブランデーは 果物が原料の果実酒から作った蒸留酒です
ウイスキーは 大麦とかライ麦とかトウモロコシの穀物が原料です


普通ブランデーと言うと 葡萄酒を蒸留して作られます

他にも りんごから作られたアップルブランデーや

さくらんぼから作られた チェリーブランデーもあるんです

わたし 見たことも飲んだこともないけれど 
きっと コーヒーや紅茶に合うんじゃないかと思います



なんと ! リンゴの産地青森で アップルブランデーが作られています

ニッカアップルプランデー弘前

フルーティで華やかな香り 樽熟成香が調和 

柔らかい口当たりと エレガントな甘い味わい

ほのかな酸味の漂う 甘く軽やかな余韻が心地よく持続します

と メーカーのお言葉が書いてあります


ニッカウイスキー弘前工場で作られている
正真正銘の 青森育ち青森生まれのブランデーらしい

地域限定で 青森県で販売されています
ちなみに 500ml 5724円なりぃ~


ぜひ飲んでみたいなぁ~ と思っています (*^-^*)



                クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


by worm_light1027 | 2017-09-22 09:00 | アレンジコーヒー | Trackback | Comments(22)