ジャスミンの花のような    コーヒーの白い花


by ユイ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ここをクリックすると曲が流れます♪

ユイ マイミュージック オリジナル曲なので転載しないでね。

☆*:.。.  リンク .。.:*☆

063.gif丸山珈琲

063.gifUCC上島珈琲

060.gif 烏有-uyuu-(月に憑かれたピエロ)

060.gif音楽のブログ








※ ことづては現在
 機能していません


fxwill.com

カテゴリ

全体
プロフィール
カフェラテ
コーヒー
アイスコーヒー
フレーバーコーヒー
アレンジコーヒー
コーヒーとチーズ
コーヒーカップ
スイーツ
日々の出来事
カフェ
その他
未分類

最新の記事

カフェオレ と カフェラテ
at 2017-11-17 09:00
流れ星
at 2017-11-10 09:00
透明なコーヒー
at 2017-11-03 09:00
愛するわたしの町13 
at 2017-10-27 09:00
カステラ
at 2017-10-20 09:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

外部リンク

お気に入りブログ

aya's photo
お茶の時間にしましょうか...
Strawberry F...
White Board -♭
Photo Of 北海道大陸
marimo cafe
** mana's K...
ekkoの --- fo...
photo NOW 2007
aviの額
nanako*sweet...
HANA*HANA
うひひなまいにち
君に届け
* thank you *
青い星のかたすみで夢をみる
Chikka*ism
Tamayura no ...
la la la kit...
光の贈りもの
Sora*Koto
美は観る者の眼の中にある
BARON MAMA*S
月の雫
YUKA’sレシピ♪
IL EST TROP ...
CONTE DE FEES
こゆきのphoto diary
晴れの日も。。。
かめらと一緒*
EAM photo
S a b l i e r
ユルリ ユルリト。
一歩々 ~いっぽいっぽ~
Aruku
日々の欠片を紡ぐ日々
箱庭の休日
EAM photo Black
HI KA RI
* m i c a m ...
*Any*
今が一番
Makanani
一歩々々 ~いっぽいっぽ~

タグ

(53)
(16)
(12)
(7)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

検索

カステラ

甘~くて しっとりとした食感のカステラ お好きですか ?

カステラも歴史がありますよね !

f0310446_18143161.jpg


室町時代末期 ポルトガルの宣教師や貿易商から平戸長崎に伝えられました 

約450年も前の事です

当時は 殿様や高級武士 大金持ちの商人にしか口にできない贅沢品でした



ポルトガル語で カステーラ ➡ かすていら になり

さらに カステラ になったんだそうです


f0310446_11354483.png
ウィキで調べると カステーラの語源は

スペインのカスティーリャ地方 

それをポルトガル語で発音すると 

カステーラになるようです

右の写真のオレンジが500年前のカスティーリャ王国です

                               ウィキペディアより

ポルトガルから伝わった南蛮菓子でしたが 日本で発展して完成した和菓子です

なぜ和菓子かって ?

乳製品を一切使わないからなんですね (*ゝω・*)b

水飴を使うのは長崎カステラの特徴なんだそうです 明治時代から使い始めたらしい

水飴を使う事で しっとりとした食感になっているそうです



長崎には有名なカステラの店が何件もあります

長崎三大カステラ

1624年創業 福砂屋  凄いですね 歴史がありますね ! カステラの本家です

1681年創業 松翁軒  ここも歴史がありますね カステラの元祖だそうです  

1900年創業 文明堂  明治時代の創業だけど超有名なCM
           カステラ1番 電話は2番 3時のおやつは文明堂~



東京カステラの上野風月堂は 1847年創業  
長崎のカステラと味が違います 原材料に乳製品が入っているからでしょうか


福砂屋も文明堂も風月堂も全国展開しています 
長崎松翁軒だけは全国展開していない店です でも地方発送はあるようです




なんと ! 
長崎県の平戸には 1502年創業 平戸蔦屋という和菓子屋があります

九州最古の和菓子屋さんで 平戸藩主・松浦家の御用菓子司でした


平戸のカステラは長崎よりも 15年位前に伝えられたのだそうです
と言う事は
このお店は カステラが伝わる前 もっともっと古くからあったんですね


当時の平戸は国際貿易港でした 
なので ポルトガルやスペインやオランダの貿易船が 西洋文化を伝えました
その中には カステラになる前のカスティーリャや金平糖などのお菓子もありました


平戸蔦屋のサイトを見ると カスドースというお菓子があります

山吹色のそれは美しいお菓子です


f0310446_13582235.jpg
説明を読むと 
よく溶いた卵黄にカステラをくぐらせて 
熱した糖蜜に漬けた後
砂糖をまぶして仕上げてあるそうです

シャリシャリとした食感と上品な甘さ 
コク深い豊かな卵黄の風味を楽しめるそうです



このカスドース ぜひぜひ食べてみたくなって 早速注文
きっと
丁寧に淹れたコーヒーと マリアージュになると思うんです

た・の・し・み ( *´艸`)




f0310446_19321162.jpg
忘れていた頃 今日届きました

封を開けてみると 甘~い甘~い香りが・・

二口分くらいの小さなお菓子です
一口食べてみたら 甘いけれどくどさはないんです

中のカステラは しっとり感のある長崎風とは
少し違います

もしかしたらこれが初期の頃のカステラだったかもしれません

初期の頃は水飴を使っていなかったから 
今の長崎のカステラのようにしっとりしていなかったと思います

甘い香りのこのお菓子 山吹色の綺麗な・・
昔は殿様クラスの人しか食べられなかった・・と思いながら頂きました

噛むたびにザラザラ砂糖がシャリシャリシャリシャリします

あ・・やっぱり甘い・・



               クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


# by worm_light1027 | 2017-10-20 09:00 | スイーツ | Trackback | Comments(26)

コーヒー生豆

コーヒー専門店の前を通ると 香ばしい香りがしますね

焙煎される前のコーヒー豆 見かけたことありますか ?

f0310446_12211630.jpg

わたし達が コーヒー豆 と呼んでいるのは 本当は豆ではありません

コーヒーノキの果実の種です

アカネ科コーヒーノキ属 熱帯植物でアフリカ原産

ご存知のように コーヒー豆にはカフェインが多く含まれているので

古い時代から薬用として使われていました


種(コーヒー豆)を包む果肉・葉にも 少しですがカフェインが含まれています

葉の部分は コーヒーの葉茶として売られているようです

私はコーヒーの葉茶 飲んだことないんですけど 

クセも渋みも少なくて飲みやすいらしい

原産国のエチオピアや熱帯地方では 茶葉として飲用されているそうです




f0310446_13430763.jpg
コーヒーの実がコーヒーチェリーと呼ばれているのは 

さくらんぼのような可愛らしい姿に似てるからです

緑色から赤に熟した果実は 甘いらしくて

現地の人達は 収穫しながら

口に放り込むこともあるそうです



普通2粒揃っている種ですが 1粒しか入っていないものもあります

これはピーベリー(丸豆)と呼ばれて 数少ない高級豆です





f0310446_12205971.jpg
赤くなったコーヒーの実を収穫したら

精製 乾燥 選別など・・ の過程のあと

中の種だけになって 麻袋や樽に詰められて出荷されます

これが商品になったコーヒーの生豆です




選別の工程は とても大事 !

虫食いや欠けのある豆 石や虫や他の穀類などの異物を

人の手で一つ一つ取り省いていきます

コーヒーの風味を左右するとても大事な工程

f0310446_12212512.jpg

焙煎工程でも 欠点豆を見つけて取り省きます

特に虫食いの欠点豆は コーヒーの味に悪い影響を与えるんです




カビたコーヒー豆の恐ろしさ

コーヒーはズサンな管理をしていると カビやすいので要注意です

コーヒーの香りや味が悪くなるだけではなく 身体のためにもとても悪い

なので 万全に管理されているルートをもっている

専門業者のコーヒー豆を選ぶ事が とても大事です


考えてみれば わたし達の家の中でも カビは怖い事

みかん箱の中でも1つカビが生えれば 箱全体のみかんの味が落ちてしまいます


コーヒーは 脳卒中や糖尿病のリスクを減らしてくれるスーパーフードですが

遠い国から運ばれてくる食品なので どれだけ管理が重要な事なのか

と改めて思いました
 


最近は業務用コーヒーマシーン かなりのレベルの物があります

カリタやデロンギ ドイツ製 フランス製 色々な業務マシーンが売られています

人の手で淹れるよりも 安定した美味しいコーヒーが淹れられると言う話も (*゚0゚)


UCCでも開業のトータルサポートをしているようですが

業務用のコーヒーマシーンが活躍しているんだそうです


そうなると一番大事なことは コーヒー豆の品質 ということになるんですね



f0310446_23215019.jpg
カフェを開業するんだったら・・

やはり心・・ 

お店を愛する心・・

お客様への心・・ 

色々な妄想が頭の中を流れていきます

あっ ! お金も・・開業資金が・・ 一番肝心な事を忘れてはいけませんね (○'ー'○)ノ



               クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


# by worm_light1027 | 2017-10-13 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(20)

ほっと コーヒー

すっかり秋らしくなって 涼しい風が気持ちいいこの頃

空を見上げると なんだか雲の形も秋らしくなりましたね

f0310446_16062160.jpg
           ここだけ都会的なU2から見た 尾道水道



秋の雲と言えば・・うろこ雲 いわし雲  さば雲 などがありますが・・

どうして魚の名前なんだろう・・(?´・ω・`) と思いました


調べてみましたぁ~


うろこ雲は 巻積雲の一種 
白い小さな雲の塊が 魚のうろこや水面の波のような形をしています


いわし雲 
いわしの群れのような小さな雲が重なっています
この雲を見るといわしが大漁になる と言う言い伝えがあります


さば雲
白い塊の雲が いわしの雲より大きくて 波状に重なっています


名前の付け方って 色いろ意味があるんですね ヾ(。・ω・。)

f0310446_16073754.jpg
             家の前の駐車場から撮りました



f0310446_16064088.jpg

先日 とっても綺麗な夕焼けも撮りました 5分で消えました \(◎o◎)/

日々違う空の色からも 秋の気配を感じます
空を見上げるの 楽しみになりますね  




ほっとするコーヒー飲んでいますか ?

挽きたて淹れたてのコーヒーが ワンコインですぐに飲める時代

味もそれぞれ違いがあって

どこのコンビニも 相当 力を入れています

たった 100円なのに 値段以上の美味しさ・・

f0310446_16140250.jpg

それが・・ それが・・・

んん~

なんだか最近 ちょっぴり飽きてきたというか・・

急にこの頃 美味しいコーヒーが飲みたくなったんです

もちろん コンビニコーヒーも美味しいんだけど

なんだか 違うんです (◞‸◟ㆀ)



お気に入りの場所で 好きな音楽を聴きながら

心地よい椅子に座って ほんわかして

コーヒーの味と香りを 身体全体で感じたくなりました


涼しい季節になったから 
自分で豆を挽いて たっぷり目の粉で
ゆっくりとコーヒーを淹れてみました

すると・・
感じるんですね 幸せを

あぁ~ この幸せを感じるってことが必要だったんだ

わたしには最近 これが必要だったんだと実感しました


今までもずっと飲んでいたのに コンビニコーヒーを飲む回数が増えて
元に戻ったときに気がつきました


これが100円コーヒーとの違いだったのかしら
100円コーヒーは安上がりだし美味しい
いろんな面で優れています

ただ 心に幸せを感じさせてくれる力・・それは求め過ぎなんですね



この先 コーヒー業界も 色々な競争・変化があると思います

美味しいコーヒーを味わう値打ちって 

それは心を癒すかどうかの感性の世界 なんだろうと思っています



最近 ブルーボトルコーヒーがネスレに買収された というニュースを見ました

スイスのネスレは 従業員数35万人 売上高9兆円の超巨大企業です

コーヒーだけでなく あらゆる食品 健康食品 化粧品を売り上げています 


高級コーヒーのブルーボトルを 買収したってことなんですけども・・

超巨大資本が入ったので これから多分スターバックスのように
世界中に店舗展開していくんでしょうね


ちなみに わたし この田舎暮らしなので ブルーボトルコーヒー飲んだことないんです
一度飲んでみたいな・・


今のところ ユイコーヒーで満足しています (*'▽'*)ノ

f0310446_16253826.jpg


               クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


# by worm_light1027 | 2017-10-06 09:00 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(20)

イングリッシュコーヒー

コーヒーにお酒・・

今宵はちょっぴり大人なひと時・・ 

コーヒーにジン と言えば イギリス発祥の イングリッシュコーヒー 

f0310446_14065019.jpg

ビールにワイン 日本酒 ウイスキー ブランデー 焼酎・・・

お酒の種類も数限りなくあるけれど

素敵なバーでは 技術の高いバーテンさんがいます

そういうお店のある都会に 憧れを感じたりします



お酒を飲む という感じではないかもしれないけれど

コーヒーとお酒・・にも色々な組み合わせがあります

付いている名前 そのお酒が使われた理由など 様々です



f0310446_14062045.jpg
イングリッシュ・コーヒーは 当然イギリス発祥です

ジンは 大麦やライ麦 じゃが芋などの穀物が原料の蒸留酒です

もともとはオランダ生まれ ジュニエーヴェル・ワインと言う名

1660年 オランダの医学博士が作ったそうです

解熱や利尿作用のある薬用酒として生まれました

でも美味しかったから 庶民に普及していったんですね



1689年になると オランダの貴族ウイリアム3世がイングランド国王に迎えられました

この辺り・・ 西洋史で習ったことがあるような気が・・

その時ジンも持ち込まれました

そしてジュニエーヴェル・ワインから ジンと短く名付けられました

ロンドンが主産地なので ロンドンドライジンとも呼ばれるそうで・・

なので ジンを入れたコーヒーも ロンドンコーヒーと言われることもあるみたいです


わたしは ジンの香りが好き・・好みです (*^-^*)


ジンは ジュニパーベリー(ねずの実)や香草と一緒に再蒸留されて作られるので
香りの個性も強いです

ちなみに度数40度くらい


ジュニパーベリーって ねずの実の事なんですね
辞書で調べてみたら ヒノキ科の実で 黒っぽい紫色をしています

なんと ! Amazonで ジュニパーベリー100g ¥627なりぃ で売ってます

有名な香辛料の会社 GABANの商品です 


ジュニパーベリー売っているけど ジンの他に何に使うんだろうと思いました

商品の説明には ジンの香りづけだけではなくて  
ジビエ(食材として捕獲された野生の鳥獣)シカ キジ イノシシなどに
使うらしいです



ジンと言えばカクテル・・ 

ジントニック 
氷を入れたグラスにジンを注ぎ ライムやレモンを飾る

わたしは秋になるとかぼすを使います ジンの香りととてもマッチ


f0310446_12394072.jpg
マティーニ カクテルの王様

ジンとベルモット(フレーバードワイン)を
3:1くらいで作って オリーブを飾ります

マリリンモンローや ジェームスボンドの映画にも登場

ひと昔前の世代・・
今の70代の方々にとっては 若い頃のロマンのお酒でした

                     
                                ウィキペディアより

イングリッシュコーヒー 作って飲んでみましたぁ~ ヾ(*'ー'*)ノ

以前ジンを使ったカクテルは 飲んだことが何回かあります

イングリッシュコーヒー作るのは初めて !

ジンの瓶のふたを開けたら・・ スーッとした特徴のある香りが~


コーヒーにスプーン1杯入れてみました

コーヒーの香りが深くて ジンの香りがあまりしない

違和感もない 



ひと口・・ 飲んだら口の中でコーヒーの香りと共にジンの香りが・・

鼻から抜けるようないい香り・・ スーッとした感じ

うん。美味しい 

しばらくすると 身体がポカポカしてきて・・

美味しい~ なんだかリラックス *´ー`*



ジンは 炭酸で割っても美味しいですね

だから アイスコーヒーに入れたら どうなんだろう ?

次回は アイスコーヒーに入れて試してみたいなと思います ( *´艸`)

f0310446_23294419.jpg


               クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


# by worm_light1027 | 2017-09-29 09:00 | アレンジコーヒー | Trackback | Comments(24)

カフェ・ロワイヤル2

コーヒーにブランデー・・

フランス風コーヒー たまにはいかがですか ?

f0310446_16283928.jpg



お酒入りのコーヒーといえば アイリッシュコーヒーも有名ですね

アイリッシュコーヒーは 冬に飲む甘ーいホットドリンクです

f0310446_14493019.jpg

グラスにホットコーヒーを入れて 角砂糖を入れます

次に アイリッシュウィスキーを注いでかき混ぜます 

生クリームを上にのせたら出来上がり


アイリッシュウィスキーを使うから 
アイリッシュコーヒーって言うんですね

スコッチウィスキーを入れたら ゲーリック・コーヒー

コニャックを入れたら ロイヤル・コーヒー

いずれも砂糖と生クリームが入ります




カフェ・ロワイヤル・・ 素敵です

昔 ナポレオンが好んで飲んだと言われています

カップにコーヒーを注いで スプーンに角砂糖をのせてブランデーを注ぎます 

火を点けるとブランデーの甘い香りが広がって 青白い炎が幻想的・・癒されます

火が消えたらコーヒーに入れます





昔は 良く流行ったそうなんです  電気を暗くして作るとロマンチックで・・

最近はこういう楽しみ方をする事が 残念ながら少なくなりましたね


カフェ・ロワイヤルは コーヒーにレモンやオレンジの皮をいれて楽しむ事もできます



f0310446_15523701.jpg
カフェ・ロワイヤルスプーンも売られているんです

角砂糖がのせやすくて 

注いだブランデーもこぼれにくい

スプーンの先が カップの縁にかけられます


ちなみに アマゾンで1本 241円なりぃ~ でも 配送料が 500円・・ ( ノД`)

お休みの前の日の夜なんかに 楽しんでみませんか ♪ 




わたし コーヒーの勉強するまで 
ブランデーが何でできているのかさえも知りませんでした

もちろんウイスキーの原料の事も どうやって作られているかってことも


ブランデーは 果物が原料の果実酒から作った蒸留酒です
ウイスキーは 大麦とかライ麦とかトウモロコシの穀物が原料です


普通ブランデーと言うと 葡萄酒を蒸留して作られます

他にも りんごから作られたアップルブランデーや

さくらんぼから作られた チェリーブランデーもあるんです

わたし 見たことも飲んだこともないけれど 
きっと コーヒーや紅茶に合うんじゃないかと思います



なんと ! リンゴの産地青森で アップルブランデーが作られています

ニッカアップルプランデー弘前

フルーティで華やかな香り 樽熟成香が調和 

柔らかい口当たりと エレガントな甘い味わい

ほのかな酸味の漂う 甘く軽やかな余韻が心地よく持続します

と メーカーのお言葉が書いてあります


ニッカウイスキー弘前工場で作られている
正真正銘の 青森育ち青森生まれのブランデーらしい

地域限定で 青森県で販売されています
ちなみに 500ml 5724円なりぃ~


ぜひ飲んでみたいなぁ~ と思っています (*^-^*)



                クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     


# by worm_light1027 | 2017-09-22 09:00 | アレンジコーヒー | Trackback | Comments(22)