ジャスミンの花のような    コーヒーの白い花


by ユイ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ここをクリックすると曲が流れます♪

ユイ マイミュージック オリジナル曲なので転載しないでね。

☆*:.。.  リンク .。.:*☆

063.gif丸山珈琲

063.gifUCC上島珈琲

060.gif 烏有-uyuu-(月に憑かれたピエロ)

060.gif音楽のブログ










※ ことづては現在
 機能していません

カテゴリ

全体
プロフィール
カフェラテ
コーヒー
アイスコーヒー
フレーバーコーヒー
アレンジコーヒー
コーヒーとチーズ
コーヒーカップ
スイーツ
日々の出来事
カフェ
その他
未分類

最新の記事

コーヒーとチョコレート
at 2017-05-26 09:00
ファーストドリンク
at 2017-05-19 09:00
キリマンジャロコーヒー
at 2017-05-12 09:00
黒とか白とか・・?
at 2017-05-05 09:00
愛するわたしの町10 はっさ..
at 2017-04-28 09:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

外部リンク

お気に入りブログ

aya's photo
お茶の時間にしましょうか...
Strawberry F...
White Board -♭
Photo Of 北海道大陸
marimo cafe
** mana's K...
ekkoの --- fo...
photo NOW 2007
aviの額
nanako*sweet...
HANA*HANA
うひひなまいにち
君に届け
* thank you *
青い星のかたすみで夢をみる
Chikka*ism
Tamayura no ...
la la la kit...
光の贈りもの
Sora*Koto
「美は観る者の眼の中にある」
BARON MAMA*S
月の雫
YUKA’sレシピ♪
IL EST TROP ...
CONTE DE FEES
こゆきのphoto diary
晴れの日も。。。
かめらと一緒*
EAM photo
S a b l i e r
ユルリ ユルリト。
一歩々 ~いっぽいっぽ~
Aruku
日々の欠片を紡ぐ日々
箱庭の休日
megraphy*
EAM photo Black
HI KA RI
* m i c a m ...
*Any*
今が一番
Makanani
一歩々々 ~いっぽいっぽ~

タグ

(33)
(15)
(9)
(7)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

検索

<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コーヒー占い

   ☆*゚¨゚゚ 暑中お見舞い申し上げます *゚¨゚゚・☆


暑い日々が続いてますね (*´∇`*)

アイスコーヒーが 美味しいですよね ☆*゚ ゜

f0310446_22244350.jpg


ところで・・皆さん 占いって信じますか ?

占いと言えば 星座や 生年月日 血液型など 色々ありますが

実は・・コーヒー占い っていうのがあるんです

それも450年位前から・・



f0310446_19495894.jpg
                 トルコのカフェ


トルコ式コーヒーってご存知ですか?


1554年 トルコのイスタンブールに 初めてカフェができたそうです

これはヨーロッパにカフェができるよりも 100年位早い時代です


トルココーヒー・・は 450年前のその頃から変わらないスタイル 

コーヒー好きの間で ターキッシュ・コーヒーと呼ばれています

ターキッシュとは トルコ風の と言う意味らしいです



ちなみにヨーロッパで最初のカフェができたのは 1650年
イギリスのオックスフォードのジェイコブス という店でした




f0310446_23154062.jpg
ジャズベ と言われる 真鍮や銅でできた

小さなひしゃく型の道具を使って コーヒーを煮出します

コーヒーの粉は濾さずに上澄みだけをすすって飲みます

豆は深煎り 小麦粉のような超細挽きのパウダー状

粉の分量は だいたい8g位 砂糖はお好みの分量です
(ジャズベは通販でも売られています)


ジャズベ に コーヒーの粉と砂糖と水を加えたら 弱火でゆっくりと煮出していきます

すると だんだん泡が出てきて沸騰 溢れる前に火からおろします

これを2~3回繰り返して クリーミーな泡が浮かび上がれば出来上がり




f0310446_19491372.jpg
コーヒーの粉は濾さずにそのままです !

それを 泡が消えないように カップに注ぎ淹れます

粉がカップの底に沈むのを待って 上澄みをいただきます

コーヒー豆の個性を強く感じる飲み方です

まったりとした味わいが特徴です




でも どうして 粉を濾さずに飲むんでしょう ??


わたし達の飲むコーヒーは フィルターで濾したコーヒーです

なので トルコ式コーヒーの飲み方は 違和感を感じる方が多いでしょうね 


コーヒーがアラブから各地に普及するようになって 800年以上たちますが

でも コーヒーの粉を濾すようになったのは 300年位前からなんです

フランスのネル生地を使ったのが始まりです


ペーパードリップやコーヒーメーカーが 簡単に手に入る今の時代になっても


なぜ トルコでは昔のまま コーヒーの粉を濾さずに飲むんでしょう ?



実は・・トルコでは上澄みを飲み干したカップの底に残った ドロリとした微粉末

この微粉末で 日々の運勢を占うらしいんです !



飲み終わったカップの底には ドロリしたコーヒーの微粉末が残ります

このカップの底に溜まったコーヒー粉で 占うそうです

つまり トルコのコーヒーは 単なる飲み物と言うだけでない

日々の運勢を占う という役割を果たしているそうなんです (*´∇`*)


占い方


飲み終わったコーヒーカップの上に 皿をかぶせてひっくり返します

カップの底に 指をのせてお祈りを

で 器が冷めたら カップの底から広がったコーヒー粉の模様を見て占います



 全体に流れていたら・・ 好調に展開・周囲からの協力に期待がもてます

 底に固まったまま・・ じっと我慢の時・他人との論争は避ける

 取っ手の方に流れていたら・・ 大きな幸運に恵まれます・直観力 想像力が冴えます

 取っ手と反対の方に流れていたら・・ 健康に要注意

 飲み口の方に流れていたら・・ 直感を過信せず 結論を急がずじっくりと考える

             UCCコーヒーHP より



なるほどぉ~ ! 面白~い (o´∀`o)  当たるのかなぁ~



飲んでみたいけど・・ 

ジャズベの器具はもってないし・・買っても多分1回しか使わないだろうし・・


あっ!! そうだ!

ネスレの・・レギュラーソリュブルコーヒーなら・・

独自の製法でコーヒーを抽出した液体は

コーヒーを飲み終わった後 底に微粉末が残ります 

三日月模様のクレッセント(三日月)ができるのが特徴

f0310446_20023358.jpg
                 ネスレグループ提供

これがそう

綺麗な三日月ですね (*^-゚)



粉を多めに入れて エスプレッソのように濃く苦くして・・我慢して飲んで・・

飲み終わって・・

これを逆さにしたら・・できるかどうか ??


よぉ~し ! やってみよう !  ♫*゚¨゚゚・
 
 


                 クリックしてもらえると
                励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     



by worm_light1027 | 2016-07-29 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(28)

コナ・コーヒー

常夏の島 ハワイ ! ハワイと言えば・・フラダンス

ハワイのコナコーヒーも有名ですね

色々な香りと風味を持っているコーヒーです

焼きたてのトーストのような風味 と表現する人もいますが
人によって感じ方も違うと思います

f0310446_23043730.jpg
                 マウイ島の風景


ハワイ州はアメリカ合衆国で 唯一コーヒーを栽培している州です

なのでホワイトハウスでも コナコーヒーが飲まれているみたいなんです (*ゝω・*)b



コナ空港から車で20分位走ると ファラライ山に着きます

その辺り一帯が コナコーヒーの産地として有名です


このファラライ山と隣り合う マウイ・ロア山にかけて続く なだらかな西側斜面は

コナコーヒーベルトと呼ばれて 多くのコーヒー農園があります




火山性で有機質をたっぷり含んだ土壌 常夏の太陽が朝からサンサンと降り注ぎます

穏やかな海風 午後になると通り雨 その後大きな真っ白な大きな雲が
コナコーヒーベルトの上に留まり 天然の日影ができるそうなんです

夜は涼しい山風がそそぎます

コーヒーの栽培にとっては最上の条件です

このような自然の恵みが 毎日繰り返されている・・夢のような環境ですね



春の早朝には コーヒーの花が一斉に開くそうです

その光景は コナスノー(南国に降る雪)と言われています

甘い香りが漂い 我を忘れる美しさ わずか3日間の 夢の世界です




コーヒーの花の花言葉   一緒に休みましょう


f0310446_15115174.jpg
         








ハワイコナコーヒーは ブルーマウンテンと並んで 世界最高ランクのコーヒーです


品質の評価は高くて ハワイ州の法律で厳しくチェックされた豆だけに
品質保証書が発行されています


アラビカ種のティピカという品種で 大粒の平形 整った形をしています

すべて人の手で栽培されています

収穫も熟した実だけを確かめながら 一粒一粒摘み取られているそうです

こんなに丁寧な栽培なので 生産量も少なくて希少価値があるんですね



ハワイで生産されているコーヒーのほとんどがアメリカ本土行きです

日本には約2割程度 輸出されているそうです



日本企業では UCCやドトールコーヒーが直営農園を経営しています

UCC直営農園は なんと ! 総面積14ヘクタール 東京ドーム3個分の広さ

ここでは 農園見学ツアーや焙煎体験などもできます


面白そうな UCCコーヒー ピッキングコンテスト っていうのもあります

これは コーヒーの実を摘み取る早さ を競うコンテスト

誰でも参加できます なので大勢の観光客や地元の人々で かなり盛り上がるそうです


コーヒーの収穫体験・・ やってみたいな・・出てみたいな・・

でも わたし・・かなりとろい方なんで 
きっと焦りまくって 最下位かも・・ ヾ(´▽`*) テヘッ

f0310446_12241247.jpg


コナコーヒーは シャープな酸味と深いコク・・・

農園によって やわらかな酸味だったり シャープな酸味だったりします

香りは 花のような甘い香り と言う人もいれば 
焼きたてのトーストのような香ばしい風味 と表現する人もいます


ハワイの農園で 焙煎したてのコナコーヒーを飲みたいですね



と言うわけで・・ハワイと言えば パンケーキも お・い・し・い !

f0310446_19233347.jpg


トロピカルフルーツたっぷりのパンケーキ食べてきましたぁ~ ( *´艸`)

フルーツたっぷり 生クリームた~ぷりっ

3枚もあるぅ~! ワクワクしながら
ぺろりんこっと たいらげてしまいましたぁ (´▽`*)

もちろん コナコーヒーも 美味しかったですよ~





                 クリックしてもらえると
                励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     



by worm_light1027 | 2016-07-22 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(26)

図書館カフェ3

日本のすべての出版物が集まる図書館・・・それは 国会図書館

f0310446_22354012.jpg


毎日々新しく出版される 本や雑誌 全国の新聞など・・

一日に 300位でるそうです

そのすべてを管理しているのが・・

東京都永田町にある 国立国会図書館です

少し興味があったので 調べてみましたぁ~ ヾ(´▽`*)

f0310446_22272188.jpg
               国立国会図書館HPより

日本で出版された 総計4000万点以上の資料が保管されています

書籍や雑誌 新聞だけではなく 学術論文・CD・地図なども収集・保存されています


国立国会図書館法 と言う法律があって その中に 納本制度 という規定があります

これは・・ 
すべての出版物発行者は 自分が発行した出版物を 納本しなくてはいけませんよ
というシステムです


5月25日が 納本制度の日 だそうです
これは平成20年に 納本制度法60周年を記念して定められたそうなんです



普通の図書館のような感じではなく 数があまりにも膨大なので

本を捜すときは 館内の情報端末で探して申し込むようになっています


検索システムが 完璧と言っていいほどに整っていて
著者名の検索だけで 著作はもちろんのこと その著者が受けたインタビューや 
あらゆる雑誌の 一小節部分までも見つけ出してくれるそうです 


ムムッ す・すごいですね (`・Д・ノ)ノ


申し込んだ資料が揃うと 電工掲示板に申込者の番号が表示されて
カウンターで受け取ることになっています


でも・・!
貸し出しはありません

コピーはできるそうですが 自分でやってはいけないそうです
コピーを申し込んだら 著作権の許す範囲内の部分が渡されます


本の保存状態は とてもいいらしい 
だって本は貸出禁止なので・・ 古い本も綺麗な状態らしいです


館内は とにかく静か ・・静か・・!  シィィ~


いくつも部屋があって 読書をしたり 勉強とか研究したり・・らしいんです

どうも グータラのわたしには肩がこるかもしれない・・ ( ̄▽ ̄;)




ここでやっと 喫茶が出てきました

f0310446_22260363.jpg
本館の3階と新館1階に 喫茶があります

本館6階には食堂がありますが

お弁当を持ってきた人が食べられる席もあります

しかし !

食堂や喫茶店内では 資料の利用は絶対禁止です




f0310446_22273905.jpg
               国立国会図書館HPより

本館3階 ノースカフェは 料理やデザートメニューがしっかりしていて
北海道アイスクリームはオススメで 濃厚で美味しいそうです (*˘︶˘*)

ドリンクメニューは 200円~300円台で安く サンドイッチもあるようです


1階の喫茶店では モーニングもあって 
トースト・ミニサラダ・玉子・ドリンクが付いていています
写真を見ると あまり夢はなさそうだけど・・・


6階の食堂は 一般的な食堂のイメージ
でも窓からの景色はいいそうです



国立国会図書館 今日 初めてその役割を知りました

癒しとか 武蔵野プレイスのようなスタイリッシュな空間とは ほど遠いけれど

本を専門的に調べたり読んだりする人には 最高の図書館なんですね



でも 毎日300冊位 保存していくってことは
1年で・・10万以上 本や新聞などが貯まっていく・・

10年経つと 100万以上になりますけど 

その先は いったいどうなっていくんでしょう・・ (?´・ω・`)


f0310446_16130411.jpg

            ユイの バケットモーニング
            350円くらいで いかがですかぁ~ (´▽`*)




                 クリックしてもらえると
               励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     



by worm_light1027 | 2016-07-15 09:00 | カフェ | Trackback | Comments(29)

ベトナムコーヒー

コーヒー生産量世界第2位 ベトナム

ブラジルに次ぐ コーヒーの生産地です・・

この十数年 世界の注目を集めるほど 生産量が増加

特に ロブスタ種の生産国としては インドネシアを超えて世界最大になりました

f0310446_15320767.jpg
               首都 : ハノイの夕暮れ


ちなみに コーヒーの生産量 1位 ブラジル  約 300万トン
              2位 ベトナム  約 180万トン


国土の面積からすると ブラジルはジャングルが多いとはいえ 
やはり広大な国土を持っています

ベトナムはそれに比べて 二十数分の一の面積なんです


なぜ いつの間に 世界2位のコーヒー生産国になったんでしょう ?

わたしも実は ベトナムコーヒーを飲んだのは インスタントコーヒーだけなんです

だって スタバ や ドトール また丸山珈琲のような名店でも 目にした事なくて・・ 


ブラジル・コロンビア・中南米・インドネシア・アフリカ などの豆はホピュラーですが

ベトナムコーヒーって やっと最近耳にするような感じです


f0310446_15321499.jpg



ベトナムで生産されるコーヒーのほとんどは ロブスタ種です

高級豆扱いのアラビカ種は わずか数%しかありません

現在ロブスタ種は ほとんどがインスタントコーヒー用です

病虫害に強くて アラビカ種よりも低い土地 (300~800m) でも栽培できます
 

なぜインスタントコーヒーに向いているかって言うと

ロブスタ種特有の苦みと渋み 麦を焦がしたような 香ばしい香りがあるからです

カフェオレもミルクと半々に使うので ロブスタ種の方が向いていますね


新聞の記事によると ベトナムのコーヒー栽培がここまで発展できたのは

ネスレの経営戦略によるものなんだそうです


ネスレが 栽培技術の指導スタッフを 300人以上も現地に置いて

2万軒以上のコーヒー農家を育ててきました

こうして年々 ベトナムのコーヒー生産高は上がっていき

コロンビアやインドネシアを追い抜き ブラジルの後を追いかける程になりました



f0310446_15101918.jpg
ネスレは スイスに本社がある 世界最大の食品飲料会社です

インスタントコーヒーやチョコートで有名ですね

なんと 売上高8兆円 従業員数35万人の大企業です !

もう 想像もつかない巨大さ ! 怖いくらいですね・・ ( ̄▽ ̄;)



ベトナムにコーヒーが持ち込まれたのは 19世紀

フランスの植民地化と共に コーヒーの栽培も始まりました

ベトナム語ではコーヒーを フランス語と同じように カフェと呼ぶそうです

ベトナムでは今でも 植民地時代のフランス人と同じような 飲み方をするらしいんです




実は実は~~ !  ベトナムに行かれた

写真家 箱庭さんから お土産いただきましたぁ~~ (*ゝω・*)

f0310446_16074227.jpg

焙煎後にバターで香りを付けてあるので マイルドな感じ! と伺っていました


封を開けた瞬間 甘い バターのような バニラにもにた感じの香りが
部屋いっっぱいに 広がりましたぁ ✿~


コーヒー豆を挽くと さらに香りが広がり・・とても苦いというイメージは湧きません


箱庭さんから聞いたところによると・・

ベトナムでは 焙煎後コクを出すために バターなどを使った調味料を使い
そのコーヒー店の独自の味付けをするそうなんです !

だから甘~い香りが広がったんですね~



f0310446_13435536.jpg
ベトナムコーヒー専用の金属フィルターを捜しに街へ・・

あったぁ~! 

なるほど~ こんな感じなんですね (๑╹o╹)φ



f0310446_13440860.jpg
コンデンスミルクをスプーン2杯ほどカップに入れて

フィルターにお湯を注いで 待つこと10分位・・



f0310446_13531937.jpg
2層に分かれていて 見た目が綺麗ですよ  下の白い所がコンデンスミルク


これで出っ来上がりぃ~ (o´∀`o)

f0310446_13444024.jpg

まずは 混ぜずに一口・・

むむっ・・ に・苦~い ( ̄▽ ̄;) 

けど・・ほんのり口の中に甘さとバターの香りが広がり・・ !

混ぜてみると うんうん ! マイルドなミルクコーヒーの味と バターの風味

おぅ お・い・し・い~ (o´∀`o)

まさに 濃厚・・独特な苦い甘さ・・一度飲むと癖になる

これがベトナムコーヒーの味なんですね~



インスタントでお湯を注ぐだけの ベトナムコーヒーも頂きました

苦味も強いですが コンデンスミルクの甘味がたっぷりで 美味しい~♪

でも やっぱり香りは 挽きたての豆の方がダントツでした !


初めて飲んだ ベトナムコーヒー

ロブスタの強い苦味と香り その個性に魅了されました ☆


箱庭さん 本当に嬉しかったです ありがとうございました o(*'▽'*)ノ

f0310446_15322833.jpg



                 クリックしてもらえると
                励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     



by worm_light1027 | 2016-07-08 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(28)

コーヒーゼリー3

夏はやっぱり コーヒーゼリー

汗かく日々が多くなりました~ 冷たいものが嬉しい季節・・

今年も コーヒーゼリー で ひんやり癒されませんか~ (*˘︶˘*).。.:*♡

f0310446_22092654.jpg

1年前に書いたブログ(コーヒーゼリー1)の中にもありますが

コーヒーゼリーは日本発祥です

飲むだけではなく 食べる事ができないか !と考え発明されました

1963年 ミカドコーヒー軽井沢旧道店で商品化されたのが最初です

わずか 53年前の事なんです

今では 誰でも簡単に作れてしまう コーヒーゼリー

ゼラチン寒天 カラギーナンなど 固める材料もいろいろ・・



今回は耳慣れないけれども 食品の世界ではかなり浸透している 

f0310446_15182762.jpg
カラギーナン のこと 調べてみましたぁ~


ビックリするほど 色々な食品に使われているんです !

カラギーナンは 海藻類から抽出される増粘ゲルで 
白っぽい粉末です

世界のいろんな国で 添加物として扱われています
日本よりも欧米の方がよく使われているそうです


インスタントデザートで販売されている 牛乳を混ぜたらすぐできるゼリー の原料にも
使われているようです


ゼラチンや寒天は  煮て溶かす  冷やして固める ・・ですが

カラギーナンは カルシウムやたんぱく質の作用で固まる性質があります

その性質は冷凍しても変わらないそうです


ゼラチンは夏場の室温が高くなると溶けます 
でも カラギーナンで作ったものは ほとんど溶ける事はありません


こんなに色々な食品に使用されているなんて・・知りませんでした

f0310446_18493196.jpg
 粘性と保水性があるので 市販ソースを
  とろりとさせる増粘剤に
 
 アイスクリームの口当たりを滑らかにする安定剤として

 蒲鉾やちくわに使うと コシが強くなります

 ハムやソーセージに使うと 歯ごたえに弾力を感じます


ペットを飼っている方はご存知だと思いますが

最近は缶詰やアルミパックの ペットフードにも入っています 
なのでスルリとお皿に出せる事ができます

f0310446_19070680.jpg       
ゼラチン・寒天・カラギーナンの3種類のゼリーでは

1番固くできるのは 寒天ゼリー
2番目に固いのは ゼラチンゼリー
3番目が カラギーナンゼリーです


カラギーナンゼリーは 弾力性があるのにとても柔らかいので
現代人の好みに合っているようです

ケーキ屋さんのゼリーが 柔らかくて滑らかで弾力性があって美味しいのは
カラギーナンを使っている所が多いからなんです


食品表示を見ると いろんな物に入っているカラギーナン

わたし 食品添加物に対して・・かなり警戒心が強い方なんですけれど
カラギーナンが海藻から抽出されたと知りビックリ・・でした

      

カラギーナンは アイルランドのカラギーナン地方で採れていました
だから カラギーナンと呼ばれています

200年位前 アイルランドで大飢饉が起きた時 カラギーナン地方の人達は
この海藻をスープにして 飢えをしのいだそうです


ちなみに 今1番生産量が多いのは フィリピンです
世界の海藻生産量の約80%なんだそうです
 


食品表示によく増粘剤って書いてあるのは カラギーナンの事だったんですね

ただ カラギーナンを大量摂取すると 胃腸に悪いという人もいます

でもそれはあり得ない程の大量の摂り方の場合だそうで・・・


最後になぜかムムム・・・ (`・ω・´)となってしまうわたしでした


f0310446_16183105.jpg

一昨年 せっかくいただいたコーヒーの種から発芽してくれなくて とても残念でした

でも 3ヶ月前に 
100円ショップで買った苗を 大きな鉢に植えたら すくすくと成長中 ヾ(o´∀`o)ノ

今度こそは 花が咲きますように ✿




                 クリックしてもらえると
                励みになります (*^▽^*)ゞ
                 

     



by worm_light1027 | 2016-07-01 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(32)