ジャスミンの花のような    コーヒーの白い花


by ユイ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ここをクリックすると曲が流れます♪

ユイ マイミュージック オリジナル曲なので転載しないでね。

☆*:.。.  リンク .。.:*☆

063.gif丸山珈琲

063.gifUCC上島珈琲

060.gif 烏有-uyuu-(月に憑かれたピエロ)

060.gif音楽のブログ










※ ことづては現在
 機能していません

カテゴリ

全体
プロフィール
カフェラテ
コーヒー
アイスコーヒー
フレーバーコーヒー
アレンジコーヒー
コーヒーとチーズ
コーヒーカップ
スイーツ
日々の出来事
カフェ
その他
未分類

最新の記事

炭焼きコーヒー
at 2017-07-21 09:00
エチオピアコーヒー
at 2017-07-14 09:00
愛するわたしの町12 猫の細道2
at 2017-07-07 09:00
コートジボワールのコーヒー
at 2017-06-30 09:00
カフェラテ
at 2017-06-23 09:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

外部リンク

お気に入りブログ

aya's photo
お茶の時間にしましょうか...
Strawberry F...
White Board -♭
Photo Of 北海道大陸
marimo cafe
** mana's K...
ekkoの --- fo...
photo NOW 2007
aviの額
nanako*sweet...
HANA*HANA
うひひなまいにち
君に届け
* thank you *
青い星のかたすみで夢をみる
Chikka*ism
Tamayura no ...
la la la kit...
光の贈りもの
Sora*Koto
「美は観る者の眼の中にある」
BARON MAMA*S
月の雫
YUKA’sレシピ♪
IL EST TROP ...
CONTE DE FEES
こゆきのphoto diary
晴れの日も。。。
かめらと一緒*
EAM photo
S a b l i e r
ユルリ ユルリト。
一歩々 ~いっぽいっぽ~
Aruku
日々の欠片を紡ぐ日々
箱庭の休日
EAM photo Black
HI KA RI
* m i c a m ...
*Any*
今が一番
Makanani
一歩々々 ~いっぽいっぽ~

タグ

(40)
(16)
(11)
(7)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

検索

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アイン・シュペンナー (ウインナーコーヒー)

ちょっと苦めのコーヒーに 生クリームを浮かべて・・ 

ウインナーコーヒー ♥  なんていかがですか ~


上唇で生クリームの優しさを
下唇でコーヒーの温かさを感じながら 味わうオシャレなコーヒー

f0310446_22225632.jpg

ウインナー は ウイーン風の という意味で
オーストリアの首都 ウイーン から名付けられたコーヒーです


でも本場オーストリアでは ウインナーコーヒーと言っても通じません

本当の名前は アイン・シュペンナー という名前で 
一頭たての馬車の馭者(ぎょしゃ)という意味らしいです (゜o゜)

昔 お客を待つ馭者がよく飲んでいた飲み物だったことから この名前が付けられたそうです



作り方 ♪

1⃣ 生クリームを泡立てます( 七分立て位がいいと言われています)

2⃣ 深煎りの豆でコーヒーを淹れます

3⃣ 温めたカップに 先にお砂糖を入れて コーヒーを注ぎます   
  お砂糖はザラメがオススメ! 
  グラニュー糖より溶けにくくて ほろ苦いコーヒーと甘さが2段階で楽しめます

4⃣ 生クリームをそっとコーヒーに浮かばせたら出来上がり~ ♪



美味し~い 飲み方 (*ゝω・*)b

基本は そのまま混ぜないで飲みます

最初はふんわり生クリーム その次に苦いコーヒー 

そして最後にお砂糖の溶けきってないコーヒーの甘さを楽しみます テヘッ

ちなみにわたしは 生クリームをしっかり立てて 
スプーンで生クリームを楽しむのが好きです お行儀悪いかな (〃^∇^)ぇ∧∧∧っ


ひとつのコーヒーで 3段階楽しめる ウインナーコーヒー
ぜひ味わってみませんか (*^-゚)v

f0310446_23272033.jpg


ところで ウイーンと言えば 音楽の都 ですね

皆さんご存知の モーツァルト や シューベルト ベートーヴェン など

数多くの作曲家達の 活躍の舞台となりました


モーツァルトは 3歳の時からチェンバロを弾き始めて 5歳の時には最初の作曲をしました
35年という短い生涯の中で 作曲した数は  900曲以上といわれています
凄いですね~ (●o'υ`o)ノ♪

モーツァルトは コーヒーミルを2台持っていたんですよ !



ちなみにバッハはドイツの人ですが やはりコーヒーが大好きだったようです

バッハは コーヒーカンタータ という曲も作曲しています

カンタータというのは 楽器伴奏付き声楽作品のことです



コーヒーってなんて美味しいの  1000回のキスより美味しい・・

という甘くて素敵な歌詞が付いています・・

たまにはクラシックでコーヒー もありかな・・ ♪..♪...


       





                    クリックしてもらえると
                   励みになります (*^▽^*)ゞ
                     



by worm_light1027 | 2015-03-27 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(37)

ブルーマウンテン

ブルーマウンテン・・日本人好みのコーヒー 香り高く繊細な味 最上のバランス !

限られた地域での栽培 そのため収穫量が少ない
もっとも高価な豆の部類です


f0310446_16225074.jpg

中央アメリカの カリブ海に浮かぶ島国 ジャマイカ共和国

ジャマイカは 森と水の国 という意味らしいです 

そしてその自然がブルーマウンテンを育てています



なんと国土の 5分の4 が500mの山地で 

島の東西に 最高峰 2256mのブルーマウンテン山脈が伸びています



昼間は気温が30度近く 夜は15度前後 昼夜の温度差があるので
 
コーヒーの実が硬く引き締まり ブルーマウンテン特有の甘味やコクがあります

また急斜面で育つため 水はけが良いうえに

カリブ海の方から ブルーマウンテンミスト と呼ばれる深~い霧が発生して

コーヒーを強い日ざしから守って 乾燥を防いでくれています



ジャマイカにコーヒーの苗木が持ち込まれたのは 1728年
本格的な輸出が始まったのは18世紀末に入ってからです 

生産量の約8割は日本に輸出されています

ブルーマウンテン全体の生産量はとても少なくて 世界の 0.05%以下です


ちなみにイギリスの植民地だったので 英語が通じる国です


f0310446_11180646.jpg

昨年は ハリケーンと病虫害で大幅に減産したために 
販売休止になりました


今年の 2月頃から始まる収穫の状況から
3月 4日の新聞記事で UCC上島珈琲は

ブルーマウンテンを使った商品の一部の販売を
23日に再開する 

とありました


過酷な環境で育つ ブルーマウンテンコーヒー 

復活できそうですね 本当によかった !

その美味しさを また味わうことができるようになるなんて 嬉しいです ♪♪♪




ところで !! ブルーマウンテンの神話 があるって ご存知でしたか ?


ブルーマウンテンが初めて日本に入荷したのは 戦前の昭和11年頃 

量はわずかでしたが 高い値段で売るために考えついたのが 

イギリス王室御用達 というキャッチフレーズなんですって!


当時ジャマイカはイギリスの植民地だったので 当然コーヒーはイギリスに渡り 

王様や女王様が好んで飲んでいるのではないか?!と 勝手な想像をしたそうなんです

でもそれが大当たり ブルーマウンテンコーヒーは売れに売れ 

今もなお その神話は残っているそうです

f0310446_21423654.jpg

面白いけれど・・ ちょっぴり複雑な心境・・ (´・ω・`)



もう一つ !

輸入されるコーヒー豆のほとんどは麻袋に入ってきますが

ブルーマウンテン豆だけは 唯一木製の樽に入って 
証明書付きで輸入されます 


木製の樽は 湿気を吸収したり放出したりするので
豆に大きな変化を与えません

輸送の船の中の温度変化に対して 品質を維持する重要な役割をしてくれます



黄金バランスと言われる ブルーマウンテンコーヒー
その味と香りをたまに味わってみるのもいいかなぁ~

ちょっぴり お高いけれどぉ~ (・∀・ ㆀ)



f0310446_17033263.jpg



                     クリックしてもらえると
                    励みになります (*^▽^*)ゞ
                      

       
by worm_light1027 | 2015-03-20 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(38)

焙煎に挑戦 !

グアテマラ・・フルーツを思わせる柔らかい香り そして 豊かなコクのコーヒー豆

苦みと酸味のバランスがよくて 香りも良いので ブレンドに使われることが多い

わたしの好きなコーヒー豆の一つです ♪

f0310446_09261329.jpg

グアテマラ共和国は ユカタン半島 メキシコの下の方の国です

豊な土壌 コーヒーの栽培に理想的な条件が揃っています


グアテマラコーヒーのほとんどが 600~1500m の山の斜面で栽培されていて

標高によって コーヒー豆のグレードが 7等級に分類されています

高地で栽培されるほど 香りがよくなっていくと言われています


SHB スクリクトリー・ハード・ビーン(1300m以上)が一番の高品質 !
これは大粒タイプで 主に アメリカ・ドイツ・日本に輸出されています



いつも教えて頂いている 尊敬する焙煎士さんに グアテマラの生豆を分けて頂きました !
これが グアテマラの生豆です

f0310446_08370661.jpg

さっそく焙煎に挑戦~ !

今回は専用器具を使わずに 家庭用のフライパンでも簡単に焙煎できるかどうか
試してみました


f0310446_08372546.jpg

1⃣ 炒り始めの生豆です
  コーヒーの香りは全くしない 青臭い香りです


2⃣ 中火です まんべんなく乾燥させるため
  フライパンを回しながら木べらでかきまぜます
  3分程で生豆の緑色が薄茶色に変わり始めました


3⃣ 4分を過ぎた頃から 薄皮がはがれだします
  皮をフーーッて吹き飛ばしちゃいました ( *´艸`) 
  まだ 香りは変わってません
f0310446_08373550.jpg


4⃣ 豆がだんだんと色付いてきます
  10分位たつと パチンパチンとはじける音がして 
  豆も膨らみ始めました
  

  あぁ~ ほんのりコーヒーの香りがしてきた

  さらにまぜまぜ・・


5⃣ 18分位たつと パチッパチッパチッパチッと音がして 
  コーヒーの香ばしい香りが部屋いっぱいに広がり始めました
  そこで火からおろしました

f0310446_08374745.jpg


生豆の時より 焙煎後の方が膨らんでいるのがわかりますか?




出っ来上がりぃ~ (^^♪

f0310446_23384236.jpg


時間とともに 変化していくコーヒー豆を見るのは とっても楽しかったです

ただ・・ 豆の薄皮が剥がれるため それが空中を舞い ( 吹いたのがよけいに× )

焙煎終了後 コンロ周辺が大変なことになったのには・・ ( ̄▽ ̄;)!!



焙煎度は 加熱温度と時間 によって決まる!
秒単位であっという間に変化する!


といわれている通りで 出来上がったコーヒー豆はちょっと深煎り?でした
(いや・・単なる炒りすぎ? 焦げちゃっただけ?かも・・笑)



3日置いて さっそく試飲 ♪ ( 3~4日たつと 味と香りが良くなると言われています)


むむっ! 香りはとってもいいです 

味の方は コクはあるけど苦みが強すぎるかな・・

深煎りしすぎたのかもしれません (◞‸◟ㆀ)

焙煎って難しい技術なんですね

f0310446_08382625.jpg

ちなみに ブルーボトルコーヒーでは 焙煎後48時間以内に提供するという事を
TVで言っていましたが・・
豆によって 色々違うんでしょうね


豆の事を知り尽くしている焙煎士さんは

豆の個性を最大限に引き出す技術を持っていらっしゃいます

焙煎士さんの技術はやっぱり凄いな~ と改めて感じさせられた1日でした



                  クリックしてもらえると
                 励みになります (*^▽^*)ゞ
                   

    
by worm_light1027 | 2015-03-13 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(39)

インスタントコーヒーが 美味しくなる?

インスタントコーヒーの魅力といえば・・ 

f0310446_17521489.jpg

なんといっても かんたん手軽 ですよね ヾ(´▽`*)ゝ 


忙しい朝 時間をかけずに コーヒーを飲みたい! 

ひと仕事の後の休憩時間 手軽に淹れたい !

ドリップするの面倒くさいから インスタントがいい

など・・ 


器具が無くても お湯さえあればすぐできる インスタントコーヒー

忙しい現代人には魅力的な事ではないでしょうか ?



インスタントコーヒーは 120年位前に発明されています

日本人の加藤博士という科学者が 液体コーヒーを乾燥させて粉末化に成功 

ソリュブル・コーヒー(溶けるコーヒー)と名付けたのが始まりのようです

その後 加藤博士は商品化を目指してアメリカに旅立ちます 

しかし 別のアメリカ人が特許を取得してしまい

それがインスタントコーヒーの発明とみなされるようになりました

加藤博士 悲しかったでしょうね

インスタントコーヒーが出来るまでの道のりにも さまざまなドラマがあったんですね (´・ω・`)



1937年にはスイスで 現在とほぼ同じインスタントコーヒーが完成

いくつかのメーカーが インスタントコーヒーの製造販売をしましたが
大きな成功を収めたのは スイスに本社がある ネスレ でした

翌年に ネスカフェ の商品名として販売されるようになりました

ダバダ~ ♫ 違いのわかる男・・ ネスカフェゴールドブレンドのCMが懐かしい・・      
          
日本でのインスタントコーヒー普及は わずか 約60年ほど前からなんです



f0310446_18444663.jpg
インスタントコーヒーは 
コーヒー抽出液から水分を取り除いたものだから
また水分を加えれば 元のコーヒーに戻ります

空気に触れると 湿気を吸ってしまいやすいので
蓋をキッチリ閉め 冷蔵庫保存がベストです



そ・れ・で・・なんですけど

インスタントコーヒーを いつもより美味しくする方法があります!

以前NHKの ためしてガッテンで紹介されていました 

で さっそく試してみましたぁ (*'▽'*)


作り方 ♪

f0310446_18445580.jpg
コーヒーカップに
インスタントコーヒーと小さじ一杯の水を入れて
よ~くかきまぜます
 
熱湯を注いだら 出来上がり~ ♪

ポイント ♪

必ず水で溶かす事 !
いきなり熱湯を注ぐと 香りも味も飛んでしまいます



たったこれだけの事なのに・・・
水で溶かしている時すでに 香りが広がって 味もグッと深くなりました
とにかく香りがかなり深くなったのにはびっくり !

皆さんも ぜひぜひお試しくださ~い ☆*ヾ(-∀・*)*+ 



f0310446_18240045.jpg

少しずつ 春の足音を感じる今日この頃

わたし住む辺りでも やっと梅の花が咲き始めました

満開になった時を想像して 白梅のツボミを写メってきました

ほんとに 可愛い~

満開の頃 また訪れて 梅の花の香りに身体いっぱい包まれたいです




                     クリックしてもらえると
                    励みになります (*^▽^*)ゞ
                      

by worm_light1027 | 2015-03-06 09:00 | コーヒー | Trackback | Comments(56)